2歳3歳が歯磨きを嫌がるけど虫歯は大丈夫?イライラを解消する方法はこれ!

子どもの成長とともに食べるものの種類が増えてくると子育ても楽になってきますよね。

その反面気になるのが虫歯。特に2歳3歳児は歯磨きを嫌がることも多いと思います。

虫歯にならないように、どんなことをしてあげられるでしょう?

 

スポンサードリンク

 

歯磨きしないと虫歯になるの?

2歳を過ぎるころには大人と同じような食事をとれるようになります。

外出時にはぐずったり食事の時間がずれてしまうときに市販のおやつを食べさせる機会も増えてくる時期。

そこで気になってくるのが虫歯にならないか。

どうして虫歯になるのでしょう?

虫歯になる原因

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

赤ちゃんが虫歯になる原因は虫歯菌を持つ人からの感染。

箸の共有や食べかけを与えたりすることで虫歯菌を赤ちゃんに移ることになります。

もし大人からの虫歯菌の感染がなかった場合は、甘いものを食べても虫歯にはならないということなんです。

虫歯菌のいる人が、砂糖の含まれる食品を摂取をすることで虫歯が進行していくんですね。

歯磨きは大事!

赤ちゃんの時から虫歯を移さないように気を付けてきたママたちも赤ちゃんを完全に虫歯から守ることは難しいです。

親だけではなく兄弟がいる場合や、祖父母からの感染は目を離したときにもらっているかもしれません。

虫歯菌がいるかいないかは見た目では判断できないので、定期的に歯をきちんと磨いて虫歯にしない努力は基本中の基本です。

でも2歳3歳の子供に虫歯にならないように歯を磨こうね!は通用しませんよね。

 

スポンサードリンク

 

子どもが歯磨きを嫌がるのはなぜ?

歯ブラシが口の中に入るのが嫌

歯ブラシのようにざらざらしたものが口の中に入るのは慣れるまで気分の良いものではありません。

子どもが嫌がるとママもつい力が入ってしまうことも。

そうなると子どもも痛みや恐怖を感じていやがってしまいます。

はじめはかじるだけでも構わないので、危険がないように見守りながら歯ブラシの刺激に慣れさせてあげましょう。

今はやりたくない

寝る前に歯磨きをさせようと思っていても、子どもがその気になっていないことにはうまくいきません。

機嫌よく遊んでいる途中に声をかけても楽しく歯を磨く気分にはなれませんよね。

寝る前にこだわらず食後機嫌のよい時を見計らって歯磨きをしてみましょう。

親子ともに楽しく歯磨きするコツは?

子どもの気に入る歯ブラシを使う

子ども用歯ブラシには様々なキャラクターのついているものがあります。

子どもと一緒に選べば歯磨きタイムがきっと楽しくなりますよ。

歯磨き粉もいろいろあります

子ども用の歯磨き粉はいろいろなフレーバーがあります。

ブドウやメロン、イチゴだけではなく、キシリトールが強化されたものや、コーラ味なんていうものも!

歯科医院では虫歯予防に効果的で、子どもが好きそうな味の歯磨き粉を買うことができるので定期健診の時に相談してみてはいかがでしょう。

動画や絵本を活用する

歯磨きが楽しくなるような動画や、絵本も効果的です。

月齢が小さいうちは歯磨きしないと虫歯になるぞ~!という脅しよりも、アンパンマンやしまじろうなどのキャラクターが楽しく歯磨きをする内容のもののほうが理解しやすいと思います。

ママも一緒に

周りにいる大人も一緒に楽しく歯磨きをすることもおすすめです。

子どもは大人のやることをまねしたがりますし、大人にとってもできるだけ虫歯にならないで年を重ねることはとても大切です。

 

スポンサードリンク

 

歯の健康は大人からのBIGプレゼント

医療技術は日々進歩しているとはいえ、自分の歯で食事を食べられるということは健康寿命を延ばすことに大きくつながります。

歯の健康は小さいころからの意識付けと磨き方で培われるので、親子で正しい歯磨きと定期健診の習慣を身につけましょう!

うまくいかなかったときやイライラしてしまうときは↓のようなご褒美アイテムも活用し、歯磨きタイムが楽しいものになるようにしたいですね。

子供のための口内ケア習慣【むしばいばい】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください