赤ちゃんの寝かし付け方法とは?楽しい育児にするには?

Sponsored Link

生後5ヶ月の息子をもつ新米母親です。
 
 
やっと育児に慣れてきた頃で、偉そうなことは言えませんが、
私が実践している赤ちゃんと自分のための安眠テクニックをご紹介します。
 

私は妊娠中から周囲の人たちに、赤ちゃんが産まれると夜が大変よ〜。
育児って大変よ〜。と散々脅されていたので、色々と下調べをしていました。
 
 
 
どんなにこちらが準備をしていても、産まれてくる子の気質で、対処の仕方は異なり、
育児はマニュアルどおりにはいかないと思います。
 
 
 
どんなタイプの子なのか、どんな方法が効果的なのか、その子によって、
まったく違うと思いますので、あくまでも一例として、参考になればと思います。
 
 

まず、妊娠中から行っていたことは、毎朝、おなかに朝日を浴びさせること。
そして、おはよう、朝だよ〜と、声をかけるようにしていました。
 
 

産まれてから行っていることは、やはり朝の習慣を大切にすることです。
私は、夜、しっかり寝てもらうためには、朝の習慣が肝心だと思っています。
 
 
 
一般的に、眠りを誘うホルモンであるメラトニンは、
朝日を浴びてから13〜15時間後に分泌され始めるといわれています。
 
 
 
それを考えると、朝、7時までには起こして、朝日を浴びさせたい。
なかなか起きないときは、うちの場合、カーテンを開けると、しばらくして起きてくれます。
 
 
 
早寝早起きではなく、早起き早寝の習慣をつけたいものです。
 
 

そして、毎朝同じように声をかける。
うちの場合は、それに加えて、朝、顔を拭くという習慣にしています。
 
 

夜の寝かしつけは、今は特に何もせず、おっぱいを飲んで、その日一日の出来事を話しながら
(大した内容ではありませんが)20時〜21時の間に寝るという流れができましたが、
初めの頃は、あの手この手を使いました。
 
 

赤ちゃんの眠りのためのCDを流す。
ティッシュを顔の上から下にふわふわさせて目を閉じさせるようにしてねさせる。
抱っこで寝させる。
 
 
 
いずれにしても、私はラクをしたいので、自分がラクな方法で寝てくれるよう仕向けました。
自分の体力にも気持ちにも余裕がなければ、楽しく育児ができず、
赤ちゃんにもやさしくできなくなってくる気がします。
 
 
 
これからも試行錯誤して、上手にラクをして楽しく育児をしていきたいと思っています!
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください