赤ちゃんの歯磨きはいつから?嫌がる時のやり方と歯磨き粉についても

赤ちゃんの離乳食を始める時期になってから気になるのは虫歯の問題。

まだ歯も小さいし数も少ないけど虫歯にならないためにはいつごろから、どんなふうに歯磨きをしてあげたらよいのでしょうか?

 



 

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるの?

赤ちゃんの歯が生え始めるには個人差があり、生後6か月から9か月の間くらいといわれています。

下の真ん中の歯から生え始めることが多いです。

生後6か月といえば離乳食を始める時期ですよね。

ミルク以外のものを口にし始める時期なので歯磨きを意識し始めるママも多いのではないでしょうか。

歯ブラシはちょっと待って

歯磨きを始めるといってもいきなり歯ブラシで磨くのはNGです。

赤ちゃんにとって口の中に慣れないものが入ってくると嫌がってしまいます。

この先歯みがきが嫌いにならないように少しづつ慣らしていきましょう。

初めはガーゼを使って

赤ちゃんにご飯をあげた後はお茶や湯冷ましで口の中の食べかすを一度流してから歯磨きをします。

ママの人差し指に濡らしたガーゼを巻き付けて優しく歯の表面をふき取りましょう。

力を入れずに短時間で終わらせるようにしてください。

歯ブラシデビューはいつから?

上下合わせて8本くらい歯が生えたらいよいよ歯ブラシで磨き始めます。

はじめは歯ブラシを唇にチョンと当てたり、口の中でカミカミさせてあげるところから始めます。

慣れてきたらママの膝の上にお子さんの頭を乗せて磨いてあげましょう。

歯茎にブラシが当たると痛がったりくすぐったがったりすることがあるので歯茎を指で押さえたりして刺激が強すぎないように気を付けます。

歯磨きを嫌がるのだけどどうしたらいい?

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由は様々です。気分が乗らないだけのこともあるのであまり神経質にならないようにいろいろ手を変えてやってみましょう。

磨き方を変えてみる

歯磨きといえば寝る前に膝の上に頭を乗せてというイメージがあるかと思いますが、赤ちゃんがまだ遊びたかったり、反対に眠くて不機嫌になってしまうと歯磨きどころではなくなってしまいます。

食後の赤ちゃんのご機嫌がよい時を見計らって、横にならず立ったままでも何かに集中していればそのタイミングで磨いてしまうのも一つではないでしょうか。

歯ブラシを変えてみる

歯ブラシに好きなキャラクターがついていたら楽しく歯磨きできるようになるかもしれません。一緒に買いに行って選んでもらうのも良いかと思います。

絵本や歌を使う

歯磨きをテーマにした絵本や歌を日常生活に取り入れてみるのも効果的です。

絵本をイメージしながら、歌をママが口ずさんで歯磨きすれば歯磨きタイムが楽しいものになるかもしれません。

「あ!お口の中にばい菌さんがいるよ!やっつけよう」のように演技してみてもいいですね。

子どもにとって歯磨きが嫌なだけのものではなく、歯を守る大事なことなんだというイメージが持てるようにもり上げていきましょう。

歯磨き粉は使ったほうがいい?

歯磨き粉を使うことで、子供が歯磨きを好きになることがあります。

でも歯磨き粉によっては口の中をすすぐことが必要になってくるので、使うかどうかはぶくぶくうがいができるかを一つの目安にしたらよいと思います。

うがいが必要のない歯磨き粉もあります。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がったり、うがいはできないけれど歯磨き粉を付けて歯を磨きたいときには試してみても。

たくさんほめてあげて

歯磨きで毎日子供に泣かれて親子ともに疲れてしまうことがあるかもしれません。

でももし虫歯になってしまったら、それ以上に大変な治療を受けなければなりませんよね。

しっかり磨いてあげることももちろん大事なことですが、歯磨きが楽しく気持ちの良いものになるよう、上手にできたときはたくさんほめてあげてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください