おむつ用のゴミ箱を100均商品で代用できる?コンビ製とアップリカの比較も

自宅でのオムツの処理ってどうしていますか?

新生児の頃はあまりにおわないおむつも、離乳食が始まるころにはにおいが気になるようになってきます。

今日はおむつ処理のアイデアを調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

おむつ用のごみ箱、いる?いらない?

おむつ用のごみ箱のメリットやデメリットは何でしょう。

メリット

  • においが気にならない
  • ゴミ箱の開け閉めがしやすく、捨てやすい
  • 捨てると同時にビニールに包まれるので手軽

デメリット

  • ゴミ箱本体や、専用カートリッジが高い。
  • サイズが大きく置き場所をとる。
  • 使わなくなった時に捨てにくい。

どうしてもにおいが気になる!方には専用のごみ箱があったほうがいいかもしれませんね。

おむつ用のゴミ箱を100均商品で代用できる?

蓋つきのバケツで代用しよう

においがそれほど気にならない方には100均にある蓋つきのバケツで代用することもできます。(蓋が別売りの場合もあります)

においを密封することはできませんが、ビニール袋に入れたオムツを収集日まで入れておくには十分です。

におい対策は袋がポイント!

いくら密封できる容器にオムツを捨てていても、ビニール袋に穴が開いていたりしたら容器を開けるたびににおいが漏れてきてしまいます。

そんな時に便利なのが消臭機能のついたゴミ袋。ペット用品のコーナーにも取り扱いがあるかと思いますが、においの漏れにくいビニール袋に入れておけば、より快適におむつの処理ができますよ。

 

スポンサードリンク

 

やっぱり買いたい!コンビとアップリカの比較

コンビ

強力防臭抗菌おむつポット ポイテック

カラーは全4色 オパールグリーン(GR) オールドローズ(PI)ワインレッド(RD) ウォームグレー(GL)

本体は定価 2600円(税抜き)で追加のカセットは赤ちゃん用おむつ約105~120枚分処理できて1つ1300円です。

※画像はオフィシャルHPよりお借りしました。

使い方もとっても簡単。使用済みのおむつを入れてハンドルを回すだけ。オムツポットの中でオムツをひとつづつねじって密封して収納します。きっちりと包み込むことで外ににおいを漏らしません。

 

 

 

アップリカ

ニオイポイ

カラーは3種類 ペールブルー(BL)ペールピンク(PK)ペールグリーン(GN)

本体は1900円(税抜き)で追加のカセットは約150回処理できて1300円(税抜き)です。

※画像はオフィシャルHPよりお借りしました

においポイの使い方は蓋を開けて中に入れるだけ。入口に中蓋が付いていて押し込むと戻ってきてぴったりとふたをしてくれます。カセットのフィルムに強力な消臭成分を配合しているので、においのもとをしっかり消臭してくれます。

 

 

 

どっちを選ぶ?

お値段で比べてみるとアップリカのニオイポイのほうが本体はお安いです。でも、オムツを捨てるために蓋を開けたら、コンビのポイテックのほうがにおいにくいという意見もあります。オムツを一つ一つ包んでいる分、ふたを開けたときのにおい漏れはコンビのほうが少ないようです。

どちらを選んでも、ふたが閉まっているときのにおい漏れは同じくらいないと思うので、コスパを選ぶか、におい漏れの少ないほうを選ぶかで決めるのも一つ。

デザインの好みや、店頭でセールとしていてお安く買えることがあるかもしれなので実物を見に行ってみてはいかがでしょうか。

育児用品は意外と必要

おむつの処理は毎日のことだけにストレスなくできるといいですよね。100均以外にも防臭性の高い袋は販売されているので、とりあえずバケツを用意するのも一つかもしれません。

育児には何かとお金がかかります。事前にリサーチして無駄なく自分に合ったものを選んでいきましょう!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください