5歳の息子と3歳の娘。育児の基本は早寝早起き朝ごはん!

5歳の息子と3歳の娘。夜になると騒ぎ出してなかなか寝ようとしません。
 
 
 
しかし、娘の3歳児検診の際に「育児の基本は早寝早起き朝ごはん」
というお話を聞いて、その生活習慣を改めようと思いました。
 
 
 
ます、私自身フルタイムで働きながら育児をしているので、どうしても
夜遅くなりがちです。
 
 
 
そうなると、自然と朝もなかなか起きてこず、朝ごはんも間に合わず、
パンをかじらせて保育園に送っていくことになります。
 
 
 
 
昨日も私の家事が少しおそくなってしまい、その間子どもたちはテレビを
見続けて、寝たのは夜の10時半ころ。
 
 
 
朝7時に起こしても二人とも起きなかったので、7時半に無理やり着替えさせて、
食パンを持たせて、保育園にいきました。
 
 
 

心の中では「仕方ない」と思っていたですが、検診でのお話によると、
成長ホルモンの分泌が盛んになるのは夜の10~2時ころだそうです。
 
 
 
ですので、その時間に深い眠りについていなければ、成長ホルモンが
分泌されないそうです。
 
 
 
そして、朝早く起きて朝ごはんを食べると、脳に糖分がしっかりといきわたり、
昼間の活動を集中しておこなうことができるんだとか。
 
 
 
 
このサイクルで、体だけでなく脳や心も成長していくそうです。
 
 
 
たしかに、早くぐっすり眠れば目覚めもいいですし、ご飯もしっかり
食べれますし、保育園の先生の言うこともしっかりと聞けるはずですよね。
 
 
 
いわれて初めて大切なことであることがわかりました。
 
 
 
 
これを聞いて育児中心に生活習慣を改めることにしました。
夜は、子ども優先でご飯お風呂を済ませ、とりあえず寝かせる。
 
 
 
それから、ゆっくり家事と自分のことを済ませ、朝ごはんの準備も
しておくことにしました。
 
 
 
この育児スタイル、うまくいくかはわかりませんが、子どもの健やかな
成長のために努力してみようと思います。
 
 
 
育児は育自ともいいますし、自分も変わろうと思います。
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください