子供の耳掃除のやり方とピンセットの使い方は?嫌がる幼児は耳鼻科がいい?

 

じっと黙っていれず動いてしまう子供の耳掃除のやり方とピンセットの使い方はどうすればいいのか?嫌がる幼児は耳鼻科がいいのか?ご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

子供の耳掃除のやり方は?

 

 

耳掃除をしようとすると動いたり嫌がったりする子供ですが、ママとしては耳を傷つけてしまうのではないか?と中々出来なかったりするのではないでしょうか。

 

 

無理に掃除をすることで、子供の耳の中を傷つけて外耳炎や難聴になってしまっては大変ですよね。

 

 

そもそも耳掃除というのは、毎日綺麗にされている方もいるかもしれませんが、大人でも月に1~2回程掃除すればいいものです。

 

 

耳垢は耳垢腺から出た分泌物とホコリや皮膚が固まって出来るものなんですよ。過度に処理することで耳を傷つけ分泌物も増え、さらに耳垢になることもあります。

 

 

そして、その耳垢もうぶ毛の自浄作用によって自然と外に出る構造になっていますし、耳垢自体も酸性で抗菌作用があります。

 

 

また、耳を守る働きとして、皮膚の表面を保護するものもあります。

 

 

なので、普段はお風呂上がりに耳元がふやけて柔らかい時にタオルで水分と一緒に取ってあげるだけで大分綺麗になっています。

 

 

そして、月に1~2度、子供の耳掃除は「綿棒」を使いましょう。

 

 

入浴後など耳が湿っている時に耳の入り口付近をくいっと綿棒でぬぐい取る感じです。

 

 

子供の耳は鼓膜までの距離が短く傷つけてしまう恐れもあるので奥まで掃除する必要はありません。気を付けましょう。

 

 

ピンセットで耳垢をとる方法は?

 

 

基本的に子供の耳掃除には綿棒でピンセットは使いません。けれど、耳垢を子供の耳の入り口付近で大きいのを見かけた場合はそっと取ってあげるのはいいかもしれません。

 

 

ピンセットの先はどうしても鋭利なものですので、子供が少しでも動くと大変危険です。絶対にピンセットで耳の奥の垢は取らないようにしましょう。

 

 

また、出来るだけ先が鋭利なものではなく、先が丸くなっていたり、耳掃除専用のものを使用してください。

 

 

また、耳鼻科の先生が使うような手元が見えるように先端が曲がっているピンセットや耳穴を覗く耳鏡という器具のセットもAmazonなどで売られています。

 

 

ただし、こちらは素人には少々難しいかもしれませんね。

 

 

嫌がる子供は耳鼻科がおすすめ?

 

スポンサードリンク

 

3ヶ月に1回とか半年に1回とか定期的な耳鼻科の通院はひとつおすすめです。耳掃除ごときで?と思われるかもしれませんが、普通にそれはありです。

 

 

私自身も幼い頃はよく中耳炎にかかっていたこともあり、気軽に耳鼻科で耳掃除をしに行っていました。

 

 

というのも、私の母は結構な頻度で私の耳掃除をして綺麗にはしてくれていたものの、やはり自分の耳ではないので怖くて奥まではしませんでした。

 

 

すると結構溜まってしまったりするので、耳鏡やピンセットを使って耳鼻科の先生にとってもらったことがありますし、それでも取れないようなものは吸引する機械を使いました。

 

 

仮に嫌がり暴れたとしても、しっかり耳鼻科用の椅子に固定されているか看護師さんとお医者さんとで固定されているので、動いて耳の奥を傷つける心配はありません。

 

 

でも、家庭同様子供は嫌がって泣くことはあるかと思いますが、注射と一緒だと思って我慢しましょう。

 

 

耳鼻科での処理はすっきりし、耳がよく聞こえるようになりましたよ。実際、子供の耳垢が溜まりすぎると音が聞こえずらく、「この子、難聴?」となることもたまにあります。

 

 

けれど、それは心配損で耳垢をごっそり取ったら治ったということも。もちろん本人には自覚症状はありません。

 

 

ただ、最近の耳鼻科の先生は耳掃除自体「必要ない」とあまり推奨していないという面もあるようですね。

 

 

というのも、私自身耳掃除がとても好きで毎日していたら、耳かきで引っかかった傷にたまたま細菌が入り込み化膿したことがあります。

 

 

とても痛くて、その時は抗生剤とその膿を切開しました。その時に言われたのは「掃除しすぎ」「耳かきじゃなくて綿棒で十分」「耳掃除なんて基本しなくてもいい」でしたね。

 

 

ただ、耳垢が溜まり耳垢栓塞(じこうせんそく)という耳垢が溜まり外耳道を塞いでしまう病気もあるということです。

 

 

見極め難しい所ですが、やはりほどほどにすることがよいと思います。

 

 

ただし、耳鼻科の先生の意見が「耳掃除必要ない派」だった場合、耳鼻科に「耳垢だけ取りに来ました」というと、微妙な顔をされることもあるかもしれません。

 

 

ママ友のネットワークや口コミ、事前に電話して聞いてみるなどして耳垢掃除をしてくれる場所かどうか聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください