同じ自分の子でもこんなに違うのかと驚かされます。1人目と2人目の育児

スポンサーリンク

私は1人目は男の子、2人目は女の子を出産しました。
息子は初めての育児と言うこともあり分からないことばかりで本当に大変でした。

ネットや育児書を読んでは頭を抱えていました。
イタズラややんちゃが多く、つきっきりの毎日。

そのせいか少し泣き虫で、気が弱いところがあります。
だけど娘は2人目。

手を抜ける所は手を抜いて、気楽に育児ができました。
息子とは3歳差ということもあり、面倒を見てくれるのも大きいです。

最初は顔も似てるし、やっぱり兄妹だな〜何て思っていましたがそれは
1歳まででした。

息子は私に似ていますが、娘は次第に主人に似てきてその辺りから色々と差が
出てきました。

息子は大きな病気はなく、予防接種も副反応等ありませんでした。
けれど娘は予防接種でよく熱を出し、熱が上がり始めると熱性痙攣を起こします。

主人が昔同じ体質だったようで、娘も似てしまったのでしょう。
お兄ちゃんが幼稚園に通っていることもありよく風邪を引いたり、追いかけ
っこで転んだり。

やんちゃっぷりは息子の上を行き、自由奔放という言葉がぴったりです。
だけど転んでも泣かず、ちょっとぶつかったくらいではケロッとしています。

いつも強気で果敢に立ち向かう姿は息子とは全然違い驚かされます。
言葉も息子より娘の方が早く、おしゃべりが大好き。

男女の差なのか、それとも育児方法の違いなのか。
同じ自分の子でもこんなに違うのかと驚かされます。

1人目も2人目も、育児に対する不安はありました。
だけど今は楽しいことの方が多いです。

いつの間にかネットや育児書に頼ることもなくなり、変にこだわっていたこと
に気づきました。

一人一人違うのだから、型に無理に当てはめることなんてないんです。
1人目の時よりもずっと気楽に子供と向き合えるようになりました。

目を見て話して、一緒に笑う。
それが育児を楽しむ秘訣だと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください