子供のお受験はいつから?今年、娘の小学校受験を体験しました。

スポンサーリンク

幼稚園お受験などが最近では多く周りからも聞かれるようになった今日この頃。
 
 
実際わたしも、今年娘の小学校受験を体験しました。
育児をしながらのそのなかでの教育は方針をきめ、幼稚園からお受験をしまし
たが、先まではそこまで考えておらず、幼稚園生活を送っておりました。
 
 
 
私立の幼稚園、また大学まである一貫校だったため、ママたちの間ではその
まま小学校に上がるのか、外部受験なのかという話題がおりましたが次第に
多く、わたしも考えるようになりました。
 
 
 
それぞれの家庭の育児やしつけがあり、子供がまだ幼稚園なのに、子供のいま
の夢を大切にするのか、親がこうなって欲しいという事を優先するのか…とて
も悩みました。
 
 
 
子供が行きたいところに行かせるのか、子供には言い聞かせて、親が良いと
思う方に進めるのか…
 
 
育児の中でその子の個性が分かれば、お受験に向いているかいないか考えたり。
 
 
実際、お受験ときめた時点で、育児の考え方に自信がなくなり、アドバイスを
受けるべくら塾などにも入れ、経済的にもすごく大変なこともわかりました!
 
 
 
お受験は小学校までは結局は親だとおもいます!
 
 
いまの時代、受験は当たり前ですが、中高一貫校がおおくなり、やはり、中学受験となると本人もとても大変になるとおもいます。  
 
 
そこまでに本人の気持ちを持って行き、中学から受験させるのか、ある程度の
過程をつくり、のちのち道を選ばせるように、親が早いうちに道を決めてしま
 
 
うかはご家庭のお考えさまざまですが、 育児を通して幼稚園のうちから夫婦で
しっかり考え、話し合う事がとても大切だと、この度、自身の体験談を持って
みにしみて感じました。
 
 
 
受験するとなると、幼稚園以外での、塾でのママ友同士の葛藤や悩みも沢山で
てきて、精神的にも本当に大変になりました。
 
 
 
子供の教育は生まれてから少しずつ考えて早すぎる事はないとおもいます。
 
 
夫婦でこうしたい、こうなって欲しい、そして子供はこんな感じだか
らこうしようと言う、育児をしながらの計画は本当に大切なことだと
おもいます!
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください