離乳食の初期で野菜の順番など進め方や増やし方は?何種類食べさせるの?

 

離乳食の初期で食べさせる野菜の順番ってどうすればいいの?進め方や増やし方は?毎回何種類くらい食べさせればいいのか?を今回はご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

初期の野菜の進め方(順番や増やし方)は?

 

 

離乳食は5ヶ月から6ヶ月の間に進めるように栄養士さんからも言われると思います。ただし、個人差があり7ヶ月になっても食べない子もいます。焦らずに行きましょう。

 

離乳食を始める基準は①唾液の分泌量が増える②ママやパパが食べているのを美味しそうに見ている③ママによしかかれば自分で座れる④舌に乗せて口から出さないの4点です。

 

そして、離乳食は「平日の午前中」から始めるのがベストです!アレルゲンの原因になりやすい小麦や卵、牛乳など以外にもアレルギー反応が出る場合があるからです。

 

そういった時にすぐにかかりつけ医に見てもらえることも考えるとやはりこの時間帯がベストです。大体午前10時頃を目安と考えましょう。

 

また、初めは10倍粥小さじ1とかから始めるので、その後、母乳やミルクは子どもが欲しがるだけ飲みたいだけあげてください。

 

それでは離乳食の進め方、増やし方についてお話します。

 

離乳食を始めて1週間は10倍粥を最初の2日間は小さじ1から始め、3~4日目は小さじ2、5~7日目は小さじ3をあげるようにしましょう。

 

2週目からやっと野菜の登場です!初めは、人参、カボチャ、イモ類、ほうれん草なんかが良いです。10倍粥とは別に潰して白湯と混ぜてトロトロにしたものをあげましょう。

 

最初はアレルギー反応などを見るためにもどんな野菜でも小さじ1から始めてください。

 

3週目はりんご、キャベツなどの繊維質なものも少しあげてみましょう。果物はジュースにしてしまうのではなく、すりおろしたものにしましょう。

 

また、果物は甘いので好きな子が多く、いつでも食べられるようになる要素があるので、まだあげなくても大丈夫です。

 

4週目には豆腐や鯛やヒラメなどのタンパク質もあげましょう。タンパク質のものは飲み込みにくいことが多いので、少量の片栗粉でトロミをつけてあげると食べやすくなります。

 

 

離乳食初期では何種類の野菜を食べさせるの?

 

初期に食べられる野菜は人参、カボチャ、キャベツ、玉ねぎ、カブ、ブロッコリー、大根、じゃがいも、トマト、きゅうり、ほうれん草、小松菜などと結構豊富です。

 

逆にきのこやごぼうなどは食物繊維が多く消化吸収に負担がかかるのでやめた方が良いです。また、里芋なども口がかぶれたりするのでよしましょう。

 

ナスやズッキーニはアクが強く、もやしは潰しにくいですし、ピーマンは苦みがあるのでおすすめしません。

 

野菜を食べ始めた離乳食2週目は、10倍粥と野菜一種類をあげると良いです。

 

3週目前半はかぼちゃ粥や人参粥などの野菜粥にして、それプラス1種類野菜を追加してあげましょう。3週目後半は野菜粥にプラス野菜2種類を与えていきます。

 

4週目は野菜粥に野菜2種類と白身魚や豆腐などのタンパク質を与えたり、果物を与えたりするとよいでしょう。

 

これが離乳食初期一ヶ月の大まかな流れです。もちろん、個人差がありますので、食べない時もあります。

 

今は色々食べさせて味に慣れさせる時期なので食べなくても気に病まないでください。

 

 

初期でおすすめの野菜は「さつまいも」や「とうもろこし」?

 

スポンサードリンク

 

離乳食初期におすすめの野菜は柔らかく甘みのある野菜です。アクや苦み、クセがない野菜は赤ちゃんも好んで食べます。

 

さつまいもはママも調理がしやすく、赤ちゃんにとっても甘みもあり、消化もしやすいので離乳食初期に取り入れたい野菜の一つです。

 

炭水化物も多く含まれているので主食にもなりますし、食物繊維も多く、カルシウムも野菜の中では多い方です。また、実はビタミンCも豊富です。

 

なので、便秘気味な赤ちゃんにはもってこいですし、ビタミンCは風邪の予防にも良く栄養バランスが大変良いです。

 

ただし、パサパサしているし、食物繊維も多い面もあるので、裏ごしをしっかりし、白湯を混ぜスープのように飲み込みやすいようにしましょう。

 

とうもろこしも甘みが強く赤ちゃんに好まれる食材です。食べてくれなかった野菜と混ぜてあげたら食べた!なんてこともあり、おすすめ野菜です。

 

とうもろこしも非常に食物繊維も多く、便秘気味な赤ちゃんには良いです。

 

しかし、穀物アレルギーの赤ちゃんには大変危険ですので、注意が必要です。必ず少量から始めましょう。また、ママにとっては調理が面倒かもしれません。

 

というのも、とうもろこしの薄皮はとても固く口の中に残りやすいので消化にも悪く、離乳食初期には必ず取り除かなければなりません。

 

なので、すりつぶした後に茶こしなどでさらにこす必要があります。初期に使いたい場合は市販の裏ごしされた状態のものを使うと簡単です。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください