育児も一段落!と思いきや、5歳の壁!母はちょっぴりノイローゼ?

5歳の我が子。大抵のことは自分でできるし、少しの時間ならお留守番
もできる。近所のお店に一人でおつかいだってできる。(来年は小学生
かぁ。私も自分の時間が増えるし、育児も一段落!)と思っていた…。
 
 
 
そんな自分の考えが超あまかったと知らされたのは、10月に行われた
『就学児健診』。翌日、教育委員会から電話が来て、「知能検査の結果
が再検査に該当する点数だったのですがどうしますか?」とのこと。
 
 
 
(どうしますか?って、ど、ど、ど、どうしたらいいんですか??)と
心の声を必死に抑え、教育委員会に出向き検査結果を聞き、後日我が子
は再検査をすることになりました。
 
 
 
再検査まではほんの1週間ほどでしたが、私にとっては長い長い時間で
した。調べるほど、いろんな想像がふくらみ、(こうだったらどうしよ
う?ああだったらどうしよう?)そんなことばかり考えていました。
 
 
 
検査当日は、個室で担当の先生と1対1。我が子も緊張していましたが、
優しい口調の先生のおかげで徐々にリラックス。
 
 
 
「今日は頑張ったから晩ご飯は何を食べたい?」と先生に聞かれ、レ
トルトカレーの商品名を大声でこたえていました…。
 
 
 
再検査の結果は『問題なし』でしたが、私は見逃しませんでした。結果
の用紙に書かれた「母、不安大。ややノイローゼ気味か?」の文字。
 
 
 
そりゃぁ心配になりますよ、可愛い我が子ですもの。ピッカピカのラン
ドセルを背負った晴れ姿だけを想像していたのに。知能検査?教育委員
会?なんですか、それ?(でも親切に対応してくれて感謝してます。)
 
 
 
これまでは、「まだ時々おもらしをする」とか「水を怖がって顔を洗え
ない」とか、そんな悩みだったけれど、就学目前の5歳って、育児の悩
みの内容が全然違ってくるんですね。
 
 
 
突然の出来事で私はかなり焦り、自分でもこのままだったらノイローゼ
になりそう…と感じていました。
 
 
 
でも大丈夫!おっぱい飲んで泣いてばかりだった赤ちゃんが、ここまで
大きくなったのは、周りの協力もあったけど、母ちゃんの頑張りがあっ
てこそ!これからも、可愛い我が子のために母ちゃんは頑張るぞ!
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください