魔の2歳!育児に悩み寝れない…あれ?私もしやノイローゼ?

スポンサーリンク

今は5歳の上の娘が2歳の時、毎日途方に暮れていました。
赤ちゃんの頃はあんなにかわいかったのに…と本気で思っていました。 
 
 
 
もともと気が強い所があり、はじめの内は【個性だ】なんて思って、
大目に見てしまっていました。
 
 
 
ところが、だんだん身体も大きくなってきて力がついてくると、
気に入らないことがあると攻撃的になってしまうように…。
 
 
 
お店等で、駄々をこねて寝っ転がり泣きじゃくるようなことはしなかったのですが、
とにかく、同じ位の年齢の子とうまく関われない子でした。
 
 
 
お友達の家に遊びに行っても、必ずお友達を泣かせてしまったので、
外に出るのがおっくうになってしまいました。
 
 
 
夜、娘の寝顔を見ながら、自分の育児の何がいけないのかと
考えてしまって眠れなくなりました。
不甲斐ないな…と。
 
 
 
常に睡眠不足で頭ははっきりせず、ぼーっとしていました。
育児に行き詰まりを感じていました。
まだ2歳なのに、こんなに悩んでしまって、この先大丈夫なのか?
 
 
 
無力さが恥ずかしいやら、変な意地やらで、誰にも相談できず、
考えすぎなのもわかっているのに考えることもやめられず、
本当に辛かったです。
 
 
 
しかしそれではいけないと思い、子育て支援センターやお友達の
家に遊びに行くのですが、やっぱりだめ。
まただめだったと帰りの車で私は号泣でした。
 
 
 
こうなってくると、お友達と遊ばせる時は、片時も目を離せなくなり、
ストレス発散のママ友とのおしゃべりも楽しめません。
つい、娘を目で追ってしまったのです。
 
 
 
気分転換で出かけたつもりが、またストレスを抱えて帰ってくる。
あの頃の私は、ストレス発散の仕方どころか、
何が楽しいのかわからなくなっていました。
 
 
 
体調不良が続き、何をするのもだるい。とにかくだるい。
横にはなりたいけど、熱はないし、娘は寝かせてくれない。
というかそもそも頭が冴えすぎて寝れない…。
 
 
 
あ、育児ノイローゼかもしれないなぁと何となく思いました。
そう気付いた時、なぜかは未だにわかりませんが、ほっとしました。
 
 
 
何にも解決していないはずなのに、心が軽くなりました。
認めたからかもしれません。
その後、少し寝れるようになりました。
 
 
 
ある日、お友達の家に遊びに行った時、
やはり無意識に娘に目を向けてしまっていたのですが、
ふと、監視してるみたいだなぁと思い、ん?監視?と。
 
 
 
違うんですよね。監視じゃだめなんです。見守るんですよね。
心配しすぎて、私は監視してしまっていたんです。
 
 
 
見守るということとは違う、監視をしてしまっていたことで、
ピリピリとした緊張感みたいなものが娘に伝わってしまったのです。
 
 
 
それに気付いてからは、意識を変えてみました。
子供も、ママには信じてもらいたいたいですよね。
 
 
 
今思えば、この時期に遊んでいたお友達は娘と同級生が多く、
早生まれの娘を足並みを揃えさせたいと、必要以上に焦っていました。
 
 
 
そのせいで、娘にもストレスを与え、自分自身も追い込んでしまい、
結果、育児ノイローゼになり更に首を絞めてしまいました。
 
 
 
今、下の娘が2歳を迎えようとしています。
自我もかなり出てきました。
上の娘の時のことを心に留めて、見守っていこうと思います。
 
 
 
又、自分自身の弱さも時には認めるのも大事だということも、
忘れないようにしようと思います。
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください