赤ちゃんが夜中の鼻づまりで寝苦しい時の寝かせ方は?解消法や窒息について

 

赤ちゃんが鼻づまりで窒息することもあるの?夜中の鼻づまりで寝苦しい時の寝かせ方はどうしたらいいの?その解消法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

鼻づまりで窒息することはないの?

 

 

赤ちゃんの鼻は小さく鼻毛もなく、機能が未発達なため、少しの刺激でも鼻水がすぐに出てしまい「フガフガ」と鼻づまりになりやすいです。

 

鼻水で窒息することは基本的にありません。口を塞いでいれば窒息する可能性もあるでしょうが、人は口呼吸できるからです。赤ちゃんももちろん出来るので安心してくださいね。

 

鼻づまりを良くする方法は環境を整えてあげることと、鼻自体の血行を良くしてあげることで解消されるのでやってみてください。

 

あまり長く鼻づまりをしていると中耳炎など別の病気になる可能性が出てきます。その際は病院へ受診することも考えましょう。

 

 

夜中の鼻づまりで寝苦しい時の寝かせ方は?

 

鼻づまりをしている我が子を見るのは結構堪えますよね。生後間もなければ間もない程、もしかして、窒息したりすることはないの?と考えたりかなり心配です。

 

また、赤ちゃんは寝苦しいので、何度も泣いて起きるということもあり、ママも授乳だけでも大変なのにさらに睡眠不足にもなり大変です。

 

夜中に鼻づまりで寝苦しそうにしている子どもの寝かせ方ですが、鼻づまりを起こしている時には、「上半身を少しだけ高くして寝かせてあげる方法」があります。

 

子どもの上半身にクッションやバスタオルを挟んで少しだけ斜めにしてあげるだけで鼻水が奥まで行かずに鼻通りがよくなり楽にすることが出来ます。

 

この時、月齢が低ければ低い程、頭だけを上げる体勢にはならない様に注意してくださいね。鼻づまりが悪化するどころか喉も圧迫されて苦しい体勢になってしまいます。

 

鼻づまりを解消する方法は?

 

上半身を起こす方法の他にも「蒸しタオルを眉間に近い鼻の部分に当ててあげる方法」もあります。この時、必ず眉間近くに当ててください。

 

鼻そのものや鼻頭だと子どもがちょっと嫌がって顔を振ったりした時にズレて、鼻を塞いでしまう可能性があります。

 

また、塞がれていないかは定期的に確認する必要がありますし、個体差ではあるものの顔に何か当たっていれば赤ちゃんだって嫌がりますので払いのける可能性があります。

 

蒸しタオルを鼻に当ててあげると血行が良くなり、鼻の通りにとても効果的なのですがまだ、何を言っても理解できない月齢だと中々難しいと思います。

 

あとは、「部屋に加湿器を付けるという方法」も効果的です。

 

空気が乾燥していると鼻がつまりやすくなる傾向があるので、湿度を保つことで鼻の通りがよくなります。ウイルスも乾燥していると繁殖しやすくなるので一石二鳥ですね。

 

また、どうしても苦しそうな時は市販の「鼻水吸引器を使用して見る」のも手です。

 

ですが、鼻水吸引器は便利と思って使いがちですが、何度も連続で使用すると鼻の粘膜を傷つける恐れがあるので、本当に辛そうな時だけにしましょう。

 

家にないという場合は、鼻水吸引器の代用品として、「綿棒で軽く取ってあげる」のも手です。

 

最後に生後6ヶ月以上の子どもなら「ヴィックスヴェポラップを使用する」のもおすすめです。子どもの鼻や胸、背中に塗ったり、ママの手に塗ったりして使用します。

 

すーっと鼻づまりが解消されます。ただし、注意ポイントは寝る間際に塗ってしまうとその独特の臭いで寝付けなかったりするということです。

 

なので、寝る前30分前に付けるか、寝た後にソッと付けてあげましょう。

 

 

吸引する方法や病院に行く目安は?

 

スポンサードリンク

 

先程ご紹介しましたが、鼻水吸引器で吸引する方法もあります。鼻水吸引器は「親が口で吸う手動タイプ」と「楽に綺麗に取れる電動タイプ」があります。

 

圧倒的に安いのは手動タイプですが、吸引する際に最初は少しずつ、最後にずーっと一気に吸引するなどコツがいります。

 

もちろん鼻に異物を入れるわけですから、赤ちゃんも抵抗しますし、電動タイプの方が簡単に吸うことが出来ます。

 

病院へ行く際は、小児科よりも耳鼻科へ受診しましょう。耳鼻科では鼻水や痰の吸引をしてもらえますし、耳の状態のチェックもしてもらえます。

 

鼻水=風邪と一見思いがちですが、鼻水状態が続くと中耳炎や副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の可能性もありますので鼻水の色や体調などを気にかけて耳鼻科へ受診しましょう。

 

受診の目安は家で出来ることをして見ても「中々症状が緩和されず、子どもが辛そうで日常生活に影響しているかどうか」という点で受診して大丈夫です。

 

鼻水だけで病院へ受診するなんて!と思いがちですが、赤ちゃんと大人では勝手が大分違います。思わぬ病気の可能性もありますので早めに受診しましょう。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください