離乳食初期は豆腐など柔らかいものがいい

スポンサーリンク

離乳食初期は固さや1回に食べさせる量などがどのくらいなのか
悩みますよね。
 
 
 
そういったときは豆腐など柔らかいものをあげるのがオススメ
です。豆腐は最初レンジで加熱処理し、柔らかくなれば、
 
 
すり鉢などで細かくすって、赤ちゃんに食べやすくしてあげる
ことが大切です。
 
 
離乳食初期の段階はまだ何もかも初めてで、分からないこと
だらけだと思います。
 
 
今では情報社会になりましたので、スマートフォンやパソコン
で調べるとたくさんの離乳食初期についての情報がでてきます
 
 
そうなるとどの情報を信じればいいのかわからなくなるはず
です。
 
 
そうしたときには、自分の母親や身近なママ友などに聞くと
いいかもしれません。
 
 
誰の言葉だと信用性があるのかを見極めることも大切なこと
です。
 
 
離乳食初期は豆腐やご飯、野菜など素材のもので味付けを
せず赤ちゃんに与えることが重要です。離乳食初期では
 
 
なく中期になってもなるべく素材のもので味付けは薄く
してあげたほうがいいでしょう。そして量も気になると
思います。
 
 
 
離乳食初期の頃の赤ちゃんはまだ5ヶ月ほど
なので、まだ授乳が中心です。なのであまり量は授乳に
影響がないくらいの量を与えてあげることが大切です。
 
 
 
また、離乳食初期は食べることの練習期間なので、
あまり食べないからといってそこまで心配することは
ありません。
 
 
 
この時期はしっかりと母乳を飲み、栄養
をつけることが大切です。
 
 
母乳を中心に徐々に離乳食に慣れさせることが
一番いいですのでお母さんも赤ちゃんの様子を
見ながら量や食べれるものを増やして行けば
いいと思います。
 
 
 
そして離乳食初期から完了期までいろいろ悩むことも
でてくるかとは思いますが、時が解決してくれる場合が
ほとんどですので、悩みすぎや子どもに当たったりする
ことは避けましょう
 
 
 
そして離乳食初期は昨日は食べたけど、今日は食べない
ということもあります。
 
 
そういう場合は無理やり食べさせるのではなく、その日は
食べたくない気分ということですので無理やり食べさせない
ようにしましょう。
 
 
 
離乳食は準備なども大変ですので、あらかじめ
一週間分ほど準備をし、冷凍庫にストックしておくなど
 
 
としますととても楽ですし、スムーズに離乳食をあげる
ことができます。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください