自己流のレシピで乗り切った、離乳食初期

スポンサーリンク

子どもが生まれて、離乳食なんてまだまだ先の話だと思っていましたが
本当に、5カ月を過ぎていざ始めるまで、あっという間でした。
 
 
 
一人目だったので、今になって振り返ると、インターネットの情報や
育児書などを参考にして、かなり慎重に進めていました。
 
 
 
離乳食の初期は一日一回で、まだ最初の頃はきちんとしたレシピという
よりは、食材を単品であげることがほとんどでした。
 
 
 
まずは十倍がゆから始め、おかゆに慣れてくるとその後はなるべく
いろんな野菜をあげてみたいと思い、にんじん、さつまいも、かぼちゃ
 
 
 
等、そのまま食べても野菜そのものに甘みがあるものを選んであげて
みました。少しペースがつかめてくると、ようやくレシピと呼べる程度
 
 
 
に、少しアレンジを加えたものも作れるようになってきました。
とは言っても、基本的には子どもが寝ている間に作り置きをして
 
 
 
いる冷凍ストックの組み合わせですが、初期の頃でも少しずつ栄養の
バランスや彩りを考えながら作れるようになり、少し楽しく感じ始めた
 
 
 
のを覚えています。まず、基本の出汁を常に冷凍ストックに二種類用意
していました。一つ目は昆布でとっただけのシンプルな出汁、もう一つ
 
 
 
は鯛の茹で汁です。鯛は、茹でて細かくすり潰した身を使いますが、
残った茹で汁が意外に良い風味が出ていて、初期だとまだ調味料を
 
 
 
使わないので、これはいい味のアクセントになると思い、出汁ストック
として活用するようになりました。この二種類の出汁を使い分け、
 
 
 
その時冷凍庫にある食材ストックや、豆腐などを混ぜて、オリジナルの
レシピを作成していました。
 
 
 
一日一回とはいえ、まだまだ手際が悪く、赤ちゃんのお世話をしながら
一から離乳食作りをするのも難しかったので、冷凍ストックはやはり
 
 
 
大活躍でした。ブロックの製氷皿におかゆ、野菜各種、出汁、白身魚、
時にはやわらかく煮たリンゴも冷凍して、あげる時にお皿にポンポンと
 
 
 
組み合わせて放り込み、レンジでチン、でなんとか乗り切れました。
最初、まだ離乳食作りのペースがつかめないうちは、食べさせようと
 
 
 
思って調理している間に赤ちゃんがおっぱいを欲しがって泣いてしまっ
たり、眠くなってしまったりということが多かったのですが、冷凍
 
 
 
ストックを活用するようになってからはそんなこともなくなりました。
今度、二人目が生まれますが、おそらく一人目の時のようにキッチリ
 
 
 
した離乳食というわけにもいかず、もっといい加減になるんだろうな
と思います。

 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください