大食いで太らない女性といえばギャル曽根!育児に必須の食育とは?

スポンサーリンク

 
バラエティ番組にも多数出演し、大食いチャンピオンとして
活躍しているギャル曽根さんですが、2児の母として多くの
 
 
苦労をされていてもいつも笑顔を絶やしません。
 
 
そんなギャル曽根さんの生活に欠かせないのが“食”です。
 
 
調理師の免許と野菜ソムリエ、食育アドバイザーの資格を
持っているので、自分だけではなく夫や子供への栄養を
 
 
常日頃考えて生活されている姿は、本当に素敵ですよね。
そんなギャル曽根さんの食と育児について、お伝えしていきます。
 
 

仕事中も手を抜かない!

 
ギャル曽根さんは第一子の時に産後3ヶ月頃から仕事に
復帰されたのですが、仕事に行く際に子供を連れて、
離乳食は持参で働いていました。
 
 
本で調べることも多かったようですが、砂糖や油は
極力使わないように心掛けたり、大人用と子供用で
 
 
調味料を分けたりするなど工夫を凝らして育児をされていて、
さすが“食”を仕事にしている方だけあります。
 
 
自然の味を引き出すことをモットーに、素材にも
こだわって離乳食期が終わっても気をつけていたそうです。
 
 
フードプロセッサーを用いて具材を細かくして、
鍋で煮たものを小分けにしてストックすることで、
仕事中でも家事と育児の両立をされていました。
 
 
そんな苦労をしつつも、子供がイヤイヤ期に突入すると
なかなか食事を食べてくれなくなり、一時叱ることも
 
 
増えたようですが、毎回叱るのではなく時には受け止める
ことで食べる楽しみ方を教えていました。
 
 

正解がない育児。誰かの力も借りつつ乗り越える!

スポンサーリンク

 
ギャル曽根さんの旦那さんはテレビディレクターを
されていて、忙しく殆どの育児をギャル曽根さんが
一人で行うことが多かったそうです。
 
 
旦那さんがいない夜が怖い、と愚痴をこぼすことも
ありましたが、実家や実母の協力を受けて食事を作るなど
少しでも育児が楽になる方法を選んでいました。
 
 
旦那さんが家にいるときは、お風呂に入れるなど
他の家事をしっかりお任せしていたそうです。
 
 
食事は必ず何品も作られていて、育児中でも旦那さんの
お弁当はしっかり用意しています。
 
 
ラタトゥイユやマリネなど作り置きに便利な料理も
上手に活用して、玄米に白滝を混ぜることで子供の
肥満も防いでいます。
 
 
中でもスープや汁物を必ず用意し、野菜を手軽に
摂取すると共に冷えに対するアプローチを欠かしていません。
 
 
お皿や容器にも拘っていて、なるべく“冷めない”容器を
利用しているところは彩りだけではなく家族の健康と
 
 
 
幸せを追求し続ける素晴らしい姿勢が前面に押し
出されていますね。
 
 
子供が“食べたい”と言ったら食べたいだけあげる
ギャル曽根さんの食育は、栄養バランスはもちろんの
こと子供の将来や性格も豊かにしてくれそうです。
 
 
ギャル曽根さんを見習って、食事の時間を笑顔で
過ごせるお家を目指したいですね。
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください