2歳のイヤイヤ期!子どもにいろいろ挑戦させよう!

スポンサーリンク

私も初めての育児で、最初はわからないことだからけで
とても大変でした。
 
 
子どが2歳になると、言葉も覚え意思が強くなってくるので、
イヤイヤ期に突入しました。
 
 
私がそんなとき行った育児方法を紹介したいとおもいます。
 
 
私の子どもが『イヤイヤ期にみられた行動』です。
 
 
◯オムツ替えを嫌だという
 
 
◯悪いことをしても、ごめんなさいと言わない
 
 
◯何もしてない友達にいじわるしたりする
 
 
◯スーパーなどで、欲しいものがあると、買ってと泣き叫ぶ
 
 
◯おもちゃを取り合いし、独り占めしようとする
 
 
◯ちゃんとごはんを食べるようにいっても、食事中遊ぼうとする
 
 
などです。
 
 
私が効果あるなと思った、
2歳の子どもの育児のポイントは
 
 
『自分もやってみたい!
自分も出来るようになりたい!』
 
 
と自分から思い行動させるように促すことだと思います。
 
 
悪いことをするたびに、あれもダメ、これもダメとクドクド説明しても、
まだ言葉を覚え始めたばかりの2歳児ですし、
 
 
親が本当に伝えたいことは、伝わっていなく、
ただ『嫌だなあ』という思いだけが、残ると思います。
 
 
最初から子どもの意見を否定せず、
まず子どもの意見に同調するようにしました。
 
 
大人だって自分のすることに、
あれこれなんでも否定されると余計反発したくなりますよね?
 
 
だから、『今はできなくても当たり前。
私が見せてお手本になり、いろんなことに挑戦させよう!』
 
 
と肩の力を入れ過ぎず、子どもが自分で成長しようとする力を身につけさせよう!
と思いました。
 
 
そういう育児を意識して行っていると、
なんでもイヤイヤいっていた子どもが、
 
 
自分から率先してお手伝いをしようとしてくれたり、
お友達にいじわるもしなくなりました。
 
 
イヤイヤ期とは私たち目線から見た言葉で、
子どもからみたら、自分の意見を伝えているだけなんだなと思いました。
 
 
これからも子どもの意思や、意見を尊重した育児を行なっていきたいと思っています。
 
 
2歳児のイヤイヤ期で困っている方も、
一度この育児方法を試して貰えたらなと思います。
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください