双子妊娠の確率を上げる方法は?妊娠しやすい人の特徴とは?

スポンサーリンク

 
最近双子が増えていると言われています。
双子を自然妊娠する確率は約3%と言われていますが、
その確率を上げることができると言われている方法があります。

 
 
不妊治療をしていて排卵誘発剤をつかったり、
体外受精で受精卵を2つ戻したりすることでも確率はあがりますが
 
 
それは二卵性の双子に限ったことで、一卵性に関しては意図的に
産むことはできません。
 
 
今回は食べ物や食生活で二卵性の双子妊娠の確率を
上げる方法を紹介したいと思います。
 

双子確率アップ!?の方法

 
まず、ビタミンを摂ることです。栄養のバランスが取れた食事が
できていて、健康な人は双子を妊娠しやすいといわれています。
 
 
特に葉酸を摂るとよいとされています。
 
 
葉酸はすべての妊婦さんに推奨されている栄養で、
出生異常を防ぐことができるとも言われています。
 
 
双子が欲しい人は妊娠前から葉酸のサプリメントを摂るといいでしょう。
 
 
ただし、1日1000mg以上は摂取してはいけません。
 
 
あとは、乳製品を多く取る人は双子を妊娠しやすいといわれています。
 
 
ある不妊治療専門医の研究によると、乳製品をよく摂る人は、
そうでない人の5倍も双子を妊娠する確率が高かったそうです。
 
 
研究で結果が出ているというのは試してみる価値がありそうです。
 
 
あとはタロイモを食べるとよいとも言われています。
これはタロイモをたくさん消費する海外のとある地方で双子の
出産率が高かったことから言われているようです。
 
 
こちらは否定する医者もおり、科学的に証明はされていないようです。
 
 
あとは山芋も言われています。こちらは「フィトエストロゲン」と
「プロゲステロン」というホルモンが豊富に含まれていて、それが
双子妊娠する確率が高くなるといわれています。
 

双子を妊娠しやすい人の特徴とは?

スポンサーリンク

 
まず、二卵性に限り遺伝があります。
 
家系で自分の母方のほうにすでに双子がいる場合は確率が4倍になります。
 
 
ちなみに人種でも双子を妊娠する確率が違い、
もっとも確率が高いのがアフリカ系の人です。
 
 
続いて、ヨーロッパ系です。アジア系はもっとも双子の妊娠率が低いと
言われています。
 
 
あとは、身長が高い人、栄養状態がよく太り気味の人です。
 
 
こういった人は、双子妊娠というリスクの高い妊娠に
母体が耐えられると体が判断したからだという人もいます。
 
 
しかしもちろん身長が低い人でも双子を生んでいる人は
多くいますし、一概には言えないと思います。
 
 
妊娠経験がある人も確率があがります。
特に4回以上ある人は確率が上がるといわれています。
 
 
出産経験が増えると、「ゴナドトロピン」というホルモンが増え、
このホルモンが多排卵に関係しているそうです。
 
 
高齢出産の人は40歳くらいになると7%、
45歳以上だと17%まで上がります。
 
 
これは子孫を残すために卵巣が卵子を2つ同時に排出することが
多くなるためだと言われています。
 
 
家系の場合も遺伝でそういった体質の人もいます。
 
 
双子って可愛いと思います。でも実際の子育ては大変な事もあります。
妊娠中のリスクも高いです。
 
 
そういうこともすべて理解したうえで、それでも双子が欲しいと思う人は
試してみるのもいいかもしれません。
 
 
ただ今回紹介したのはあくまで確率をあげるという方法で、
必ず双子が産まれるものではありません。
  

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください