2歳でのおむつはずしの方法やアイデアは?ほめる育児とは?

Sponsored Link

 
おむつがなかなか外れない、そう悩む方多いと思います。
 
 
 
育児書には「2歳になったらおむつバイバイ」とか書いてあるけど、
ママたちの育児悩み話にも、おむつ取れない~って、よく出ます。
 
 
 
私もそうでした。
息子と娘がいますが、二人とも苦労しました。
あれこれ悩み考えて実践したこと、報告します!
 
 
 
まずはトイレに行ってくれないと何にもはじまらないです。
 
 
 
なので、「トイレに行ってみよう!」「トイレは楽しいところだ!」
という環境づくりをします。
 
 
 
息子の場合、車が好きだったので、壁中に車の絵やら写真を貼ります。
同じ写真がずっと貼ってあっては飽きてしまうので、定期的に交換します。
 
 
 
娘の時はかわいい動物やキティなどのキャラクターなどを貼りました。
「トイレに○○見に行こう」などと誘います。
なんだろう?とついてきてくれます。
 
 
 
トイレに行ったら座れるように、補助便座に好きなキャラクターの
シールをはりました。
 
 
冬は便座が冷たくないように、100均で貼るタイプの便座シートを
貼り小さく切って貼り、そこにシールを貼りました。
 
 
 
トイレには本を持っていきます。
図鑑でも絵本でも、子どもの好きなものなら何でもいいです。
 
 
 
「うんち出るまでトイレに座ってこれ読んでみよう」みたいな感じで誘います。
すぐに出なくても根気よく、付き合います。
 
 
 
うちの息子の場合、うんちは出るまで結構時間がかかったので、
トイレで10分くらいずっと読書、ということも多々ありました。
 
 
 
そして冬のトイレは寒いので、子供も親も嫌になってしまうこともあります。
トイレトレーニング中は小さい電気ストーブをトイレに置いていました。
 
 
 
上手にできたらとにかくほめる!ほめ過ぎ?ってくらいほめまくる!
 
 
 
ほめる育児はいいって言いますし、ほめられると次もやろうって思える
のは大人も子供も一緒ですもんね。
 
 
 
これはよく育児雑誌などに載っているアイデアですが、
ご褒美シールという方法。
 
 
 
トイレ表みたいのを作って、上手にできたらシールが貼れます。
子どもはシールが大好きなので、喜びました。
 
 
 
育児には答えはないので、とにかく思いついたものなんでも
試すことだと思います。
 
 
 
悩んでも苦労しても、いつかはおむつはとれるから焦らないことが
一番かもしれません。
 
 
 
一つ一つ難しいと思っても、前向きに楽しくできたら、
育児も楽しくなりますね!
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください