子供のアレルギーの対処法2016!原因が分かれば対処の方法もある?

Sponsored Link

 
2016年現在、何らかのアレルギーを持つ子供が増えています。
育児をしていると、自分の子供や友人の子供にアレルギーがあるという
 
 
 
話を聞くこともあるのではないでしょうか。
アレルギーを引き起こす原因になるものは、子供によってさまざまです。
 
 
 
また、アレルギーといっても、食物アレルギーや、ダニ、
ハウスダスト、花粉のアレルギーなど多様にあります。
 
 
 
育児をしていて、自分の子供にアレルギーがあることに気付く機会は、
まず、乳児湿疹がひどいことなどが挙げられます。
 
 
 
乳児湿疹は、多くの子供に見られますが、いつまでも治らなかったり、
ひどくなると、アトピーが疑われます。
 
 
 
他に、育児中にアレルギーに気付く機会としては、
母乳育児をしているとき、母親が卵や乳製品、小麦などを食べた後に授乳すると、
子供に湿疹ができることです。
 
 
 
粉ミルクで育児をしている場合も、アレルギー対応でない、
普通の粉ミルクをあげると急にじんましんが出たりするということもあるようです。
 
 
 
あと、育児中にアレルギーに気付く分かりやすい機会としては、
離乳食で卵などをあげたときです。
 
 
 
じんましんが出たり、口の周りに赤いポツポツが出たり
突然咳が止まらなくなったりしたら、
アレルギーを疑った方がいいです。
 
 
 
病院に行くと、血液検査をして、アレルギーを調べることになります。
それでアレルギーの原因が分かれば対処の方法もあります。
 
 
 
その食物をしばらく食べないようにするということです。
私の子供も、乳児期から湿疹がひどく、血液検査をしてアレルギーが見つかりました。
 
 
 
そして、離乳食ではその食物を食べませんでした。
アレルギーが分かったら、定期的に血液検査をして、アレルギーの数値をみます。
 
 
 
少し下がってきたら、その食物を数グラムくらい食べてみて、
何も症状が出なければ、徐々に食べる量を増やして慣らしていきます。
 
 
 
また、食物アレルギーがある場合は、ダニ、ハウスダストの
アレルギーもあるこどが多いので、部屋のものを少なくして
 
 
ホコリを溜まりにくくしたり、布製のソファーやクッションは、
思い切って捨てることをおすすめします。
 
 
 
ダニやハウスダストは、ぜんそくの発症にも関わってくるので、予防にもなります。
 
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください