幼稚園がバス通園だとママ友ができない?できるタイミングとトラブル回避について

お子さんの幼稚園を選ぶ条件はいろいろありますよね。

制服?給食?徒歩で行ける?他にも条件の一つとしてバスがあるところを選ぶママも多いと思います。

バス通園は便利な反面、もちろんデメリットもあります。

今日はバス通園ってどんな感じか、調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

幼稚園バスとママ友問題

幼稚園をバス通園にする理由はいろいろあります。

家から幼稚園までが遠くて送り迎えできない、下の子がいるので、送り迎えに時間をとられたくない、子どもがバスが好き、などなど。

一般的にバス通園は家の前、もしくは幼稚園の指定した家の近くのバス停まで子供を連れていくことになります。

幼稚園の規模にもよりますが、1つのバス停にたくさんの子どもが集められることはあまりないので、毎日決まった少数の親子と顔を合わせることになります。

ということは、その中のママたちがママ友候補の一つになるかと思います。

仲良くなれそうな人だったらいいのですがもし、ちょっと合わないな、と思う人だったら困りますよね。

でも気の合わない人でもバス通園する限りは毎日顔を合わせないといけません。

ママ友がたくさん欲しい人や、自分に合ったママ友を積極的に作りたい人は、公園や児童館など他の機会でママ友を作ることも考えたほうが良いかもしれません。

ママ友ができるタイミングはいつ?

同じ幼稚園バスのバス停から通っているということは、それぞれの家が近いことになります。

幼稚園バスには年少から年長まで一緒に乗っているので、学年に限らず子ども同士が仲良くなったらママ同士が仲良くなることもよくあります。

帰ってくる時間も一緒なのでその流れで公園やそれぞれの家で遊ぶなんてこともあり、一度その流れができてしまうと、子どもに毎日遊びたい!とせがまれてしまいそれぞれの家庭の生活リズムが崩れてしまう心配も。

ママ同士が楽しく過ごせればいいですが、負担に感じるようなら、帰りだけバスをやめる、習い事を始める、ほかの用事を作るなどして、予定を調節できるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

トラブルになってしまった!そんな時は

子ども同士のトラブル

幼稚園バスで通っていて困るのは子どもが幼稚園でトラブルにあってしまったとき。

多くの場合はまずは先生からの電話で内容を把握することになります。

よっぽどの内容なら幼稚園に出向いて先生と直接話したり、時間を合わせて相手の親御さんとも話をする機会を作ることはできると思います。

ただ、相手の都合が悪かったりや相手の子供などの情報がよく分からない時などは解決するまでに時間がかかるかも。

幼稚園バスを利用することは便利なようですが普段の子どもの幼稚園の様子を知ったり、どんな子とどんな風に過ごしているのか、相手の親御さんはどんな方なのかなどといったことを細かく知ることは難しいです。

子どものことをしっかりと見ていたい!と強く願うのであれば、送り迎えを幼稚園バスにするのではなく、幼稚園に出向く機会を作ったり、役員を引き受けるなどとしてママ同士のかかわりを持つようにしたほうが安心ですね。

大人同士のトラブル

バス停でママ同士のグループができていては入りづらかったり、嫌がらせを受けたりというのは聞かない話ではありません。大人同士なのに、、、と思うかもしれませんが、狭い世界で生きているママたちは、時として大人げない行動をとることがあります。

あまりにもなじめないようであれば、幼稚園バスをやめるか、幼稚園を変えるか、仕事を始めるなどして自分も他の世界とかかわるようにしましょう。

ママのストレスが子育てに影響してしまうのはよくありません。幼稚園でのつながりは一生続くものではないので、ある程度割り切った気持ちで付き合うことが、うまくいく秘訣だと思います。

やってみないとわからない

こんな風に書いてみるとバス通園ってこわい!と思われるかもしれませんが、どんな人間関係ができるかは実際に幼稚園に入ってみないとわかりません。

バス通園できるのは幼稚園の間くらいなので、メリット・デメリットを十分に理解したうえで楽しい幼稚園生活を送りましょう。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください