2歳児が朝ごはんを食べないけど対処法はある?パンやおにぎりだけでOK?

子育てで多くの人が悩む「食べない問題」。

特にいやいや期真っ只中の2歳児を育てていらっしゃるママは手が付けられないなんてこともありますよね。

 

スポンサードリンク

 

どうしよう!2歳児が朝ご飯を食べてくれない

子どもの成長にはバランスの良い食事を食べさせないと!

一人目のお子さんや体重があまり増えないお子さんのママは一生懸命ご飯を作ってなるべくたくさん食べてもらえるよう努力をされていると思います。

でも朝ご飯を食べてくれない、そんなときはどんな理由が考えられるでしょう?

寝起きで機嫌が悪い

朝起きてから出かけるまでの時間が短い場合、機嫌が悪くて食べてくれないことがあります。

同じように寝不足でもすっきり目覚めず、食べてくれないということも考えられます。

早く食べてよ!という雰囲気が伝わると余計に食べてくれないので、生活のリズムを見直したり食べやすいものを用意してみましょう。

イヤイヤ期でなんだか気に入らない

2歳児はちょっとしたことで不機嫌になってしまいます。

手づかみで食べたかったのに、ママがスプーンで食べさせたり、ストローの色が気に入らなくて不機嫌、などなど気分が乗らなくて食べてくれないこともよくあります。

できるだけ本人のやりたいようにさせてあげましょう。

食卓が汚れるのは気になりますが、手づかみで食べやすいものやバラバラになりにくいものを食べさせるのも一つです。

量が多すぎる

かわいいわが子に少しでもたくさん食べて欲しいあまり、お皿にいっぱい盛り付けてしまっていませんか?

多すぎると子どもがプレッシャーに感じてしまい食べてくれなくなることがあります。

ちょっとずつ盛り付けてお皿が空っぽになったら盛大にほめる。

そんな成功体験が食事が楽しいと感じるきっかけになりますよ。

調子が出てもっと食べるようになってくれるかもしれません。

お代わりのリクエストにも少しずつ盛り付けるようにしてくださいね。

机が散らかっている・テレビがついている

食事に集中できる環境を作ってあげましょう。

おもちゃが机に乗っていたり、テレビがついていたりすると食事が進みません。

メリハリをつけて食事の時は食べることに集中してもらえるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

子どもの偏食が気になるけど大丈夫?

せっかく作ってもご飯しか食べてくれない、麺しか食べてくれない、バナナしか食べてくれない。

病気になったり体が弱くなったらどうしよう?

気になりますよね。

食べないからと言ってママが食べてくれる努力をしないのは困りますが、いつかは食べてくれると思って、いできるだけいろいろなものを食卓に並べればいつか食べてくれる時が来ます。

見た目をかわいく

野菜を型抜きしたり、カラフルなふりかけを用意したり、盛り付けを工夫することで食べてくれるかもしれません。

口の中が敏感なのかも

お子さんの中には口の中やのどが敏感で特定の味や食感を受け付けないという場合があります。

年齢とともに鈍感になっていくので、長い目で見てあげることも必要かもしれません。

食べたくなるのを待つ

一日に三食食べさせないと!と思っているかもしれませんが、食べる量は個人差があります。

無理に朝食べさせなくても、おなかがすくタイミングで食べさせるのも一つです。

おにぎりや蒸しパン、バナナなど簡単に食べられるものを用意しておいて、お子さんの食べたいタイミングを待ってみるのも良いかと思います。

食事はおいしく楽しく

食べてくれないことは命にかかわることなので心配ですよね。

でも大切なのは食事は楽しいものというイメージ。

楽しいとおいしいですよね。

大変だとは思いますがママなりに工夫をして、もし一口でも食べたら、きちんと認めてあげて、食事に対する楽しいイメージを持ってもらえるようにしてください。

健康になるためには食事だけではなく運動や睡眠も大事です。

食事だけにこだわらず、たくさん体を動かしてたくさん眠る。

それができるようになると食事のリズムも整ってくるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください